鬱の初期症状と治療し克服する方法

Home » » 鬱の初期症状と治療し克服する方法
コメントはまだありません
Pocket

どことなく気分がさえない、

楽しいことがない、やる気が出ない。

仕事に行きたくない。

 

 

|鬱の初期症状|

 

そんな気持ちがあれば軽いの可能性があります。

 

 

うつの最中はうまくいかないことが多くなります。

 

好きだった趣味、生きがいだった仕事。

どんどんやりたいことが少なくなっていきます。

 

 

やはりストレスが大きな原因となるのですが、目に見えたり、自分で気づいたりしていることがすべての要因とは限りません。

 

もちろん自分で気づくものなら改善すれば良いのですが、コレといったものが思い浮かばないことがあります。

 

それは日々の小さいストレスが積み重なったものかもしれません。

普段、普通に生きていれば、多かれ少なかれストレスはあります。

 

ただ、それは大きなストレスとなっていることもあります。

 

 

 

そして、うつになりやすい人は総じて正義感が強く、まじめな人が多い。

 

これは自分自身がやらなければいけないとゆう責任感、それなのに集中力が続かなくて仕事が上手くいかない。

 

 

ビジネスマンに多い鬱の症状の一つです。

 

そして、

体がだるくて、体調が慢性的に悪い。

 

仕事に打ち込んで頑張ってきたはずなのに、意欲がわいてこない。

 

自分がダメになってしまったかのような気分になってしまう。

 

ストレスと聞けば誰もが人間関係だったり、夫婦関係であったりと想像するかもしれませんが、すべてが目に見えるものばかりではありません。

小さい積み重ねがストレスになることもあるのです。

 

逆になにもしていない。

家にこもってしまって活力がわかないことも原因になります。

 

どっちが原因とゆうのはないです。

 

結局、

何もする気がおきないから鬱なのか。

鬱だから何もする気が起きないのか。

 

 

 

誰でも悩みはありますが、最初は小さな悩みだったりすると、徐々に重たい悩みになっていき、すでにたくさんのストレスが積み重なった状態にもかかわらず、最初の悩みが原因だと思い、自分の弱さが原因だと、感情を抑え込み、さらに悪化なんてこともあるわけです。

 

まずは、身の回りで自分の仲間。家族。

自分のことを必要としてくれる人を探しましょう。

 

そして、今一度、自分が何にストレスを感じているのかをしっかり分析しましょう。

まずは、敵を知ることからです。

 

正義感が強くて根がまじめな人、そうゆう世の中では良い人と呼ばれる方が鬱になりやすいです。

本当は自分がどうしたのかをしっかりと考えましょう。

 

|鬱の治療と克服|

 

 

家族を支えなければいけない。守っていかなければならない。

 

この、何々「しなければいけない」

とゆうのがもうすでに、自分自身にストレスを与えているのです。

 

 

結果的にそのストレスが原因で病気になり、家族が離散してしまえば元も子もありません。

ときには家族に頼ってください

 

 

そして、運動してますか?

 

まずはウォーキング等から始めてみましょう。

ストレス解消にもなりますし、健康的です。

 

 

あと、リラックス。

リラックスには様々な方法はありますが、

ジブリのピアノメドレーとか聞いたらどうでしょうか?

 

 

 

すごく心落ち着きますよ。自分も心が落ち着かずに寝れないときに等に聞きます。

 

そして誰かと会うのは、

しばらくはすごく仲の良い人とかで大丈夫ですよ。

 

でも、いくら仲の良い人とだからといって、

人と会うこと自体がストレスになることもあります。

そうゆうときは、動物とかに触れてみるのもなかなか良いですよ。

 

いくら家の中で引きこもっていたとしても、

一日一回は太陽の光を浴びるようにしましょう。

 

心の健康は、体の健康から。

睡眠をとり、食事も栄養バランスを考えて出来るだけ同じ時間。

 

 

これは時間の無駄ではないんです。

健康になって後悔する人なんてほとんどいません。

 

忙しい人は、一番身近な食事の時間と栄養バランスについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

LEAVE A COMMENT

CAPTCHA