不眠症対策厳選10選|不眠解消にはこれだけですっきりした目覚めに

Home » 睡眠不足 » 不眠症対策厳選10選|不眠解消にはこれだけですっきりした目覚めに
睡眠不足 コメントはまだありません
Pocket

不眠症気味なあなたにピッタリの対策を10個用意しました。

 

出来るだけすべて実行してほしいと思っています。

 

1.睡眠は一定を心がける。

不眠症がこれで治れば苦労しないと侮るなかれ。

出来るだけ同じ時間に寝て、同じ時間に起きる。

寝る時間は7時間前後

夜寝て朝起きる

休日に寝だめしない

2.寝る直前の行動。

寝る直前の行動によって寝つきが変わります。

睡眠前はパソコンやスマートホン。テレビ等の光を見ないようにする。

寝る前は食べ物を食べない。

寝室の室温は夏は26度前後、冬は20度前後にする

 

3.運動をする。

 

寝る直前は運動はNGです。

ただ、日中は最低でも20分程度は体を動かすようにしてください。

夜に良い睡眠をするには、日中の行動がカギです。

そして、なにより健康に良いです。

 

4.食べ物について

食生活は健康と直結してきます。

寝る2時間前までに摂取する

健康的な食事をとり、脂っこいものや刺激がある食べ物を避ける。

5.飲み物について

寝る直前には水しか飲まないようにする。

あまり刺激のあるものを飲みすぎると、安眠の障害となります。

 

6.音楽

睡眠をするのには、自律神経が優位にならないといけません。

交感神経が優位だと目がギラギラして寝れなくなります。

 

つまりはリラックスです。

寝る前に小さな音量で音楽をかけて気持ちを落ち着けるのをおすすめします。

 

睡眠導入に効果がある音楽はいろいろありますが、自分は専門的なものではなく、ジブリ音楽のピアノverをおすすめします。

心が非常に落ち着きます。

7.アロマ

これも音楽と同じで、リラックス効果を求めるものです。

出来るだけ心を落ち着けられるかが割と重要です。

 

おすすめはカモミールの香りですが、自分のお好みで選んでみても大丈夫です。

あまり睡眠時には向いてない香りもあるのでそこだけは注意してください。

 

8.呼吸

呼吸してください。

なんて意味ではないです。

 

呼吸方法についてです。

腹式呼吸というのを耳にしたことありますでしょうか?

歌とか歌うときに、肺じゃない!腹に力入れて歌うんだぁ!!

 

なんて言われたあの呼吸法です。

ストレスが溜まっていると、呼吸が自然と浅くなったりしてしまいます。

 

これを腹式呼吸でゆっくりとした深い呼吸にかえます。

 

息を鼻から吸って、口から吐き出す。

吸うときは一瞬で、吐くときは30秒くらいかけてゆっくりとが基本です。

 

9.悩み事

悩み事は解決してから寝るようにしてください。

もやもや考えていたら、いつまでも寝れません。

 

それと、寝れないことも考えないようにしてください。

 

どうゆうことかというと、今日も寝れないんじゃないか、寝れなかったら明日の仕事が辛い。

寝ないとまずい。

 

どんどん自分を追い込むこととなり、眠気から遠ざかっていきます。

 

そうゆうときは、眠くなったら寝るんだと少し軽く考えるように意識してみてください。

 

いっそ起きてみて眠気が来るまで本を読んでみるのもまた良しです。

10.栄養バランス

 

健康は体の中身からです。

バランスよく食事をとりましょう。

 

特に栄養のバランスに気を配るようにしてください。

体は資本です。

 

ただ、一体どの食材に栄養素がどのくらい含まれているのか、わかったところで毎日それをうまく組み合わせることが出来るのか。

実際、栄養士とかじゃない限り考えるのは難しいです。

 

それでもやはり健康のためにはやるしかないです。

バランスの良い食生活を心がけるようにしてください。

 

 

 

最後に

不眠の対策になるものを様々書きましたが、やはり大事なのは健康であることです。

 

体に悪いとされることはせず、体に良いことを積極的に取り入れていくことが一番大事。

 

それではみなさんの安眠を願っています。

LEAVE A COMMENT

CAPTCHA